読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばあちゃん

お題「おばあちゃんの思い出」

 

 父方の祖父母はもうとっくにいないので、私の記憶の中にはないんですよね。なにせ父が20代の頃に、どっちも亡くなっているので。なので、写真と父から語られるエピソードしか知らないなあ…。

 

 母方の方はピンピンしてて、83歳くらいですが毎日畑肥やしたりして元気です。なので思い出と言われればこっちかな~。まだ生きてるので、現在形ですけども。

 

カレーが美味い

 母のカレーって糞不味いんですよね…。圧力鍋でガーって煮て作るんですけど、なんかスープカレーみたいな感じで。彼女のカレー嫌いなんですよ。でも祖母のカレーはしっかり玉ねぎ炒めて、じっくり煮て、隠し味があって…そして適度にとろみがあって。なんか母親にして欲しい事祖母がしてるような。とにかく絶品なんですね、これが。

 

お金くれる

 孫の特権ですね。手伝いしなくても家に行けば貰えます。気前いいと五千円から一万くらいは。あと祖母の友達とか、私の知らない人からも貰えたりするので、祖母の人脈に謝謝って感じですね。お年玉も沢山くれるのでありがてぇ…。う~ん、がめつい。

 

暴言が多い

 こうやって祖母との思い出を振り返ってみると、自分は結構祖父母に対して遠慮がちっていうか。自分から甘えに行く事なんてないので、あんまり思い出ってないなーって。それで、出てくるのはいっつも喧嘩してばっかりで言葉遣いが悪い。印象的にはサイアク、ドン引きレベルです。老人だろうとそれは許されねぇだろってよく思ってた。う~ん、母親を生み出したのがこいつか~と納得できるほど性格は悪いな~~って思う。

 

 思い出…多分旅行とか行ったこと無いかもしれないし、全然出てこないや。昔から祖父母と言えど、どこか赤の他人のような感じがしてたので(私の中でですが)甘えたこともないし。あと私がすっごくいい子ぶってて、借りてきた猫みたいな。ばあちゃ~ん!とか呼んだ事無いですからね。ははは。

 

 

老衰死 大切な身内の穏やかな最期のために

老衰死 大切な身内の穏やかな最期のために

 

 

広告を非表示にする