星屑ロンリネス

病気 趣味 雑記

自担と推しくん

すみません。ずっともやもや〜と考えていて、なかなか整理が付かないので、文字でごちゃごちゃ書いていきたいと思います。凄く取り留めのない話だし、人によっては不愉快な話だと思います。叩かないでね!笑

 

自担、と書けば連想されるのはジャニーズ。ジャニヲタは推しを自担と呼ぶ。ブログの説明にも書いてありますが、私は嵐のファンで二宮担です。かれこれ十年になります。それでもド新規だと思います。てかそうでしょう。

嵐は私にとって救世主、神、そのものもでした。虐待を受けていて何度も何度も死のうと思った時に、嵐の曲を聴いて、まだ嵐に会ってないから死ねないと励まされていました。ベタですが人間そんな簡単なもんなんです。その当時は偶像崇拝に近かったです。というか崇拝していました。嵐が終われば、それは私の終焉だと思ってました。ライブに行って、自担の言葉に励まされたのは何回だろうか……。とにかくライブは元気を貰う場所。そして辛い気持ちを置いていく場所。生きててもいい、存在理由が見つかる場所だった。

二宮くんはキラキラしていた。とにかく、ライブでも番協で会っても歌番組でもバラエティーでもキラキラ輝いていた。自担だからフィルターがそう見せてるのでは?と思うかもしれないけど、私が見た二宮くんは少なくとも、本当にキラキラしていて、輝いていた。ところが、今年四月、嫌な記事が出た。二宮くんはもともと女遊びが多かったから、特にそういった記事は気にしてはいなかったけど、相手が悪かった。一度匂わせで騒がれたアイツだった。アイツと一緒に車に乗ってた。ショックだった……。まだ付き合ってたんだ、と。それから雪崩のように、女との記事が湧いて出てくる。二宮和也の次のサジェストはその女だ。もう嫌だった。バラエティーを久しぶりにみた。昔の二宮くんは、物を食べていて、笑うとき、口に手を当てる、そんな品のある人だった。それが大口あけて笑っている。愕然とした。それはあまりにも、その女のアナウンサー時代の食べ方にそっくりだったから。歌番組を見てもどこか違うと思い出すようになった。キラキラが全くない。儚げで輝いている二宮くんは、どこにもいなかった。二宮くんからアイドルとしてのキラキラとそれから元々持っていた品性を消さないでくれ…奪わないでくれ…と泣いた。キラキラな二宮くんは消えてしまった。知れば知るほど嫌になる恋愛の話に、参ってしまった私は嵐から少し離れた。レギュラーも見ないし、今年発売したCDも買ってない。

そんなもやもやを抱えながら推しくんと出会った。推しくんと自担は勿論年齢は一回り違うし、顔つきも髪型もタイプも全然違う。むしろ年齢が近いので親近感が沸いたりもする。でも舞台でみる推しくん、それからTwitterのオフショットの推しくんはキラキラしていた。推しくんは舞台が初めてで、一生懸命やっていて、Twitterも可愛くて、射抜かれてしまった。あぁ、あんな女と付き合ってるヤツに一銭も落としたくない。そのお金を一生懸命頑張ってる推しくんに落としたいと思い始めていた。

今年のツアーは二十周年。まだ当落は出ていないから、自分がどうなるのかはわからない。でも、二宮くん自体は嫌いになれない。嵐も。だって辛い時に助けてくれたから。正直こんな形で決別はしたくない。でももう彼の追っかけをするのは無理なのかもしれないと思うようになっていた。

若手俳優とジャニーズ、どっちも好きとかふざけんなって声も上がると思います。すみません。ただ、私は二宮くんが、交際を認めたり、婚約したり、結婚したら降ります。無理です。あの女が二宮くんの嫁だなんて、汚点です。携帯みたいに乗り換えやがってって言われるかも知れませんが、推しくんに全てを捧げたいです。正直遠征分でウン十万かかってるので、それがなければ推しくんにかなり使うことが出来ますしね。

嵐というグループは陰ながら応援します。それは助けてくれたから。神様だから。だけど何もしません。それだけ。

 

推しくんとの真ん中バースデーが二宮くんの誕生日なんですけど、これ毎年祝う度に、二宮くんがチラつくんですか?まるで元カレ見たいですね、ウケますね。何かの因縁かと思いましたし、最悪と思いました。呪いかな?