星屑ロンリネス

病気 趣味 雑記

※説明※

はじめまして。ご覧頂き有難うございます。
ブログタイトルは、タッチの主題歌、「タッチ」からです。


△簡単なプロフィール△

東北に住んでる成人。
感受性が強く、とにかく神経質でナイーブなクソ雑魚メンタルの持ち主。
機能不全家庭、母親は毒親で、幼稚園児の頃から心理的虐待を受けながら育つ。父親は酒癖が悪く、軽いDV。種違いの兄が居て、統失、アスペルガー
精神的病やストレスからの身体的症状に苦しむ小中高。もがきながら大学に進学するも、トラウマになる出来事が起こり、終いには通えなくなり中退。今はとりあえず外に出る、生活リズムを整えることを目標に生きている。

主に診断は、双極性障害Ⅱ型境界性人格障害社会不安障害パニック障害強迫性障害睡眠障害離人感、過敏性腸症候群、身体表現性障害、
身体の方は、月経困難症の治療に励んでいます。

嵐が好きです。二宮くんが大好きです。ド新規11年ファンやってます。大宮が大好物。

アニオタ腐女子です。
テニプリテニミュが大好物。テニミュは1stから見ています。
エヴァがバイブル。
とにかく雑食腐女子
東京ヤクルトスワローズのファンで野球観戦が好き。贔屓はあるものの野球がやってればそれだけでいい。よく行く球場は神宮とコボスタ。


好きな番組は吉田類の酒場放浪記。(本人はあまりアルコールが好きじゃない)相棒、ドキュメンタリー。


文章力はあまりありません。
それでも、自分の気持ちを整理したり、出来事を文章にしたいな~と思っていたので、無理なくぼちぼちやっていきます。あとは少しでも同じような人の目に止まればな…と思っております。
最初は病気のことオンリーにしようとおもったのですが、旅行やイベントごとなんかもぼちぼち記録してきいます。

雑多な感じですが、よろしくお願いします!

ツイステやめた

ツイステ流行ってますね。わたしは、友人に勧められてインストールしたものの、1章を見てアンスコしました。

 

友人がツイステ楽しいやってみろ!っていうから(別に友人のせいにしている訳では無い)、ツイステとはなんぞやと調べた。公式サイトで、体験入学?っていうのが出来たので、やってみたら、リドルが出てきた。リドルは、まあ実質ショタ枠なのだろうけど、わたしはショタが好物なんで、一目で気に入った。赤い髪に、前髪があって(M字前髪かな?)、生意気そうなショタ。うん、好み。そして、CVが花江夏樹ということもあって、やらねばという気持ちになった。

 

わたしは花江夏樹が結構好きで、きっかけは夢色キャストをやっていた時、初めて知って歌も上手いし、なにより声質が好みだった。高い声の男性が好きなので、花江夏樹とか山下大輝あたりはドンピシャなのだが……。

声優といえば、加藤和樹とか、相葉裕樹がいて……、ていうか、テニミュ俳優が何人かいてびびった。これネルケとか関わってんのか?

とか勘ぐってしまった。多分違うけどさ。

そういえば、よくツイッターのTLに、ツイステの告知が流れていたような気がする。インスコして、画面を起動するとディズニー社のロゴ。えっ、これディズニーなん!?(今更かよ)ディズニーもイケメンゲーム出すようになったのか……すげぇ時代だな。チュートリアルをやつて、戦闘とリズミックがあって、戦闘はいいとしても、リズミックはあんまり楽しくないなぁ……と思いながら、チュートリアルのエピソードを読んでいった。で、ソシャゲにありがち、初回10連。これは引き直しが出来るから、リドルが出るまで何回か引き直した。そこで色んなキャラの絵を見たけど、個人的な好みは、デュースとエースだった。Twitterでは、双子とアズール?が人気ぽいけど、個人的にはあんまり好きじゃないな〜。申し訳ないけれど、ギザ歯が苦手で。このゲーム、ギザ歯が3人くらいいるじゃん。結構しんどい。freeみたいに、凛だけだったら全然いいんだけど……。マレウスは顔はいいと思った。スカラビアとかサバナクローにはまったく興味がなかった。

そんなこんなで、SSRリドルとSRデュースを手に入れて、1章を読んでいく。正直、ストーリー重視?のソシャゲは苦手です。話を読まなきゃ進まないって言うのはしんどい。最近、特にメインストーリーなんかは読みたくない……。そうなると、ソシャゲ全否定みたいになっちゃうけれど、話数が多いと読む気にならんってやつです。確か1章は30話くらいなかったけ。フルボイスなのはありがたいか、めんどくさかった。

馬車で連れていかれたり、棺桶だったり、ファンタジー要素があるなかで、テンプレ的な不良が出てきたりしたのは笑った。というか、学園が普通の男子校にしか見えん。

リドルが毒親出身なのは、自分も毒親出身だから気持ちは分かるし、可哀想だなあとは思った。でもなぁ……、オーバーフロー?なんか黒くなってくやつ、あれ、まどマギみたい。同じアニプレだからいいのか?

1章よんで、魅力を感じなかったので、あとはログインだけだったり、授業を適当に回したり、最終的には容量の無駄だと消した。

 

このアプリのディレクションが、黒執事の人だと知って驚いた。まあ黒執事は読んだことがないけど。シエルってショタと、セバスチャンって執事がいるのだけはわかる。あのシエルってショタもまあまあわたしの好みなんだけれども。よく見るとリドルに似てなくもないし、越前リョーマにも見えてくる。枢やな先生は、ああいうショタが好きなのかねえ。まあ絵柄は割と好きなんだけどなあ。

(余談だけど、実はわたし、枢やな先生の同人誌持ってます。テニヌのね……、)

 

あとTwitterみてて、二重課金とか、初期化バグって言うのが見えて、キナくせえ〜と思ったのもあってこれもやめた原因のひとつかな。そして、二重課金……六重課金?も起きているのに、ツイステ公式は見えてしまうバグと処理しているのが怖い。全部AppleGoogleのせいにしているわけじゃん。やばくないか。そして初期化バグも、お知らせでは名前入力画面が表示されてしまう件について、だったかな。とにかくバグを認めないんだねこの運営。初期化されてしまった方のメールを見たけど、次はねえからな!ちゃんと引き継ぎやっとけ!って文面で失笑。いやおめーのせいだろうがよ。

とにかく金回りがちゃんとしてないって怖いでしょ。好きなアプリには課金したいし、推しがガチャとかイベント報酬に来れば、課金してでも取りたいと思うし。それなのに二重課金だったりされたら、いくら少額でも不信感しかわかんだろうよ。少額だってお金はお金だもの。今わたしがガッツリ課金してるのは、あんスタMusicくんなんだけれとも、二重課金とかそういうのはないな〜。

んで、Twitter眺めてると、ようけグッズ紹介のRTも回ってくるけど、すげーグッズ出すのな。まあ、ちょっとダサいし、立ち絵だし買う人いるのかな。昨日コンビニ行ったけど、ウエハースとぷっちょ、どっちも普通に陳列されてた。

周りはもうツイステ!ツイステ!だからTwitterでは批判めいたことも言えんからここで吐くんだけども。

これからどうなっていくのか、わたしは静観していきたいですね。ところで、グリムって語尾に『〜ゾ』とかつけるけど、お前淫夢厨か?ってなるわ。なんか草生える。

 

最近、というか3月からずっともう、あんスタMusicくんが楽しくて仕方がない。育成が追いつかない!ピースが足らない!

24年目

えー、本日誕生日です。24回目。

数字にすりゃ、まだ24回なのかとも思う。親とか兄は、30回だったり60回だったりするんだから。

 

また、生きてしまった……。という感情が強い。正直24歳までには、死ぬと決めていたから、死ねないのは単に怖がりなだけなんだなぁって。

三浦春馬さんが、亡くなられて。正直びっくりしました。好青年のイメージでしたが、エピソード全てが好青年そのもので。顔もかっこよくて。そんな人でも自殺するんだなって。テレビや記事で、クローゼットで自殺って聞いて、驚きと同時にその手があったかと知恵を得てしまった。今まで、首吊りはドアノブでやろうと思っていたけれど、ウォークインクローゼットでも吊れる。クローゼットの棒は強度だろうし……と、色々考えてしまう。こういう、方法は言わない方がいいね。こういう思考の人間には、有益な情報になってしまうから。

自殺出来るって、覚悟もだけど、運とかもあるんだろうな。まず見つからない。上原美優さんだって、恋人にちょっと外出てって2時間?くらいで死んだし。吊って時間が経ってれば、死なんだろうな。あとは覚悟かな。死ぬぞって意気込む訳でもないけれど、首を括る覚悟。死ぬって腹を決めるって言うか。結局、死にたい/助けて欲しいの50/50だから、わたしは死ねないのだろう。まあそもそもスカーフだけで死のうだなんて、甘く考えすぎだが。やはりロープが1番いいのだろうか。

まあ、何がともあれ、三浦春馬さんがあの世で楽になれたら救いだなと勝手に思っています。

 

誕生日って、実はあんまりいい事なかったんですけど、最近は全国氷帝の前楽入ったり、嬉しいことが多いですね。

今日も昼は回転寿司にいって、寿司を食べてきました。たくさん好物のエビを食べたので満足です。それから、ケーキはタルトを買ってきて貰いました。美味しかったです。

 

矢澤にことか原監督も同じ誕生日ですね〜。原監督のコメントが面白いので載っけておきます。

還暦になった時点で年というのは超越してますね。1回転した、いわば2歳だよね。10歳ぐらい、70歳になるとまた変わるかもしれません。第1次思春期みたいなものが来るかもしれない。今はただ新鮮でいられる。仕事場があるというのは感謝すること

 

 

嵐の展覧会in宮城 20200701

久々のオタ活です〜〜〜!!何ヶ月ぶり……?立海以降だから……5ヶ月ぶりですかね汗

 

え〜、運良く、嵐の展覧会が当選しました。ほんと、東京より日数少ないし、当たらないのでは!?なんて思っていたのですが、第2希望で当選でした!

何も知識もなく行くのも嫌だったので、というか、私はネタバレ見てから行くタイプなので、ガッツリブログのネタバレ見たりして、頭に叩き込んで行きました。

 

まず、宮城は展覧会の会場とグッズ会場が別です。イービーンズっていう、仙台駅前のビルの催事場でやっていたんですけど、それを前日に知って……、めっちゃ焦りました。でも、イービーンズはよく行くので、そこは困らなかったですね。

 

11時頃、宮城県美術館に付きまして、ぐるーっと確認して、車で待っていました。駐車場は広くは無いですが、意外と停めることが出来ました。


f:id:NF1339:20200701213607j:image

こんな感じの案内板があります。こじんまりしているので、行けばすぐに分かります!

 

私は12時45分集合の13時入場でした。12時20分くらいに、45分の案内をしていましたので、待機列に並びました。待機列は、皆さんソーシャルディスタンスを守っているので、あまり人と密接にはなりませんでしたね。ですが、本人確認まで待たなくてはならなくて、じどーっと暑くてですね、なにか扇ぐものとか、扇風機とか、そういうものがあるといいですね。私は二宮くんのミニうちわを持参していたので、それで扇いでいました。

待機列には、ウォーターサーバーもあります。

スタッフのお姉さんが、『嵐のイベントはいつも雨がありましたよね。待っている間、嵐との思い出を思い起こしてください』

なんて言っていて、ちょっとうるって来ちゃった。

そして、本人確認。タブレット?みたいな、やつで検温するのですが、私は顔が認識されなくて笑 普通におでこで測るタイプの体温計で測定しました。それが終わると、まずQRコードを読み取ります。そして会員証を見せてくださいと言われたので見せたのですが、『スマートフォンを隠さないで下さい。一緒に見せてください』って言われて、お、おう……ってなりました。次いで、身分証の確認。私は障害者手帳(写真付き)だったので、開いて待っていたのですが、スタッフが困惑。のちに、偉い人に聞いて、OKになりましたが……。なんかスタッフも納得いってない感じで、怖かったので保険証も出しましたよ

エッ……、もしかして身分証デュエルしてる!?笑

5×20でも、障害者手帳はOKって、サイトに書いてあるんだから、せめて書いてあるものは把握して欲しかったなぁ……。不正した訳でもないし、不備もないのに無駄に緊張したし、無駄にドキドキしてしまった……。ここで、スマホも仕舞えと言われたので仕舞う。

本人確認が終わると、階段を下って地下に。地下では、パンフレットを渡され、注意事項も言われます。

パンフレットには、大事なグッズ購入の引換券があるので、無くさないように!

 

中に入ると、ひやーっとした空気。暑かったからちょうど良かったけれど、寒がりさんとか、冷え性の方はなにか一枚羽織るものがあるといいのかもしれませんね。

薄暗く、なんかジャングルにいるみたいで、妄想が膨らみます。どこに行くのだろう……と。そして、スタッフさんからの、案内の後、『ワープします』との事。事前の情報で、部屋に入ったら二宮担は左に陣取れ、というのがあったので、左側に陣取り成功。

部屋と言っても、四角い箱みたいな感じ。

そして……、嵐さんの『ARASHI EXHIBITION “JOURNEY”』の掛け声と共に映像が映し出されて。真ん中中央に智が出てきた!と思ったら左に翔くん、そして目の前に二宮くん!びっくりしてわって声出てしまった!そして、なんという不覚、二宮くんばっかし見てたので、相葉さんと潤くんの位置が分からない汗

もう!真正面にいたと思ったら、真横に来た!!!目の前にいる感じ!うおっ二宮くん、私から見ると見上げる感じじゃん!(これは東北番協の握手の時も、意外と背が高い!って思ったのですが……) そして、『5×20の撮影現場に』メンバーカラーの、エフェクトみたいなやつで、本当にワープしているみたい!そして、ワープ。これ酔う人いるかもしれないから、その時は手を挙げてね。

すごい……。でっかい、二宮くんが目の前にいて微笑んでいらっしゃる……。ていうか、小人になって、嵐に囲まれている……。スモールライト当てられたのか!?

なんか智と相葉さんは遠くの方でキャッチボールしてて、おーいってメンバーが呼ぶと、ズサーってこっちに来るんですよ!!そうするとね、砂がね!!我々にかかるんですよ!!思わず手でバリアしてしまった笑 んで、二宮くん見ていたら、かかった砂を『あ〜もう、』的な感じで取ってくれた!(なでなでしてくれた!)。 四方八方、嵐に囲まれて、でも目の前には二宮くん。ずーっと見ていました。

それじゃそろそろ行こっか!みたいな感じで、嵐が展覧会の扉を開いてくれる……。どうぞどうぞてきな。いや〜素晴らしい部屋でした!!

部屋を出ると、たくさんの写真。あ〜、ファンになった時から今までの。一つ一つが懐かしくて、金髪懐かしいなぁとか。大宮可愛いなぁとか。2010年あたりの、潤くんは結構髪が長かったなぁとか。一枚一枚、じっくり見ていました。ここからは自由なので、順路さえ逆走しなければ、自分のペースで見てOKです!写真を見終えると、衣装のコーナー。

本当に間近で見れます。BLAST宮城の衣装あって、あ〜懐かしいなぁって。キラキラの宝石?がついてて綺麗だったり。その上には

、5×10の、最初のフライングの衣装があって。その隣は、Japonismの衣装。そして、1番目を引くのが、5×20の衣装!バックスクリーンには映像も流れていました!そして、BLASTハワイの衣装。そして、伝説のスケスケ衣装と、その上にはPopcornの衣装。Popcornの衣装もふもふで可愛い。

いや〜衣装だらけ!!スケスケ衣装見てると、みんな脚が細いなぁ……って思います。ちゃんとポケットも前後ろにあるんですよ!スナップ付きで!笑 意外と高性能だったんですね笑

 

その次は、ピカンチの部屋。若い頃の写真が何点か飾られています。みんな若いねえ。ニノは、実は負けず嫌いで……でって書かれていてね、ちょっと暗くて、目が悪いから読むのに苦労したんですけど、メンバーの評価っていうか、いいことが書いてあります。

 

その次は、朝日新聞に載った、ARASHI meets MANGAと、みんなが描いたミッキー、そしてメンバーが描いた智の肖像画?が展示されています!あの素敵なイラストを近くで見られるなんて……。すごい……!メンバーが描いた智、みんな個性があって面白かった!それからミッキー。よく見ると、相葉さんは、下書きしてるんだね。線の柔らかさとか、そういうのが見えてきて良き。潤くんは男の子!って感じの線だなぁ。

 

次の部屋は、ロサンゼルスで撮った写真だったり、昔からの写真も飾られています!入口に映像があるので見ましょうね!3分あります!特に印象に残っているのは、箱根旅行の写真!お風呂に入っているやつと、旅館での写真。あとはプリクラ。みんな目が肥大化してるけど、可愛いからいいや。てか箱根の写真欲しいんだけど笑

そして、あの家族、一家のパネルが笑

壁には、5×20の歌詞が書かれています。次なる部屋は、智の部屋。智の自画像と、使っている筆、パレット(あれ紙パレットなのかな?)、あと失敗した左手が描かれていたり。目の前には、踊りを練習する智の姿が……!

本当に自画像は迫力もですが、上手いの一言につきます。さすがというか。私、あんな大きなキャンバスにかけませんよ笑(お前と比べてどうする)。

次の部屋は翔くん。本当に翔さんの部屋に来たって感じ!なんでも翔さんの部屋から持ってきたものらしいです。

テレビ画面には、レコーディングしていたりしている翔くんの姿。香水もあったけど、匂いは分からなかった……。スノードームも沢山あった!身長がないから、上の段の展示物は見にくかったなぁ。あと、壁に注目すると、歌詞が浮かび上がってきて、それを書き直すっていう演出がなされています!5×20の歌詞ですね。壁にも注目です!

次は相葉さん。実家から持ってきたそうで……、たくさんのジーパンが!リーダーが作ったジーパンもあった!それから、相葉さんの子供の頃の写真。相葉少年、可愛い。あとは24時間テレビの、手紙原本。相葉さんの手書きの文字、なんか暖かくていいですね。

じっくり見られるっていいですね。それと台本も。壁にはバイクと自転車の絵も書いてありました!

次の部屋は、潤くん。ライブのメモが!潤くんの字、丸っこくて可愛い!Japonismのメモもあったなぁ。まかふしぎがひらがなだったり……。かわいい。こうやってライブが出来上がっていくんだなぁ……、ライブの根幹を見ているんだと感涙に浸る。

次は二宮くんの部屋です。壁がテトリス見たくなってる!二宮くんの展示は、賞ですね。アカデミー賞とかの。で、二宮くんの部屋では、アカデミー賞のブロンズ像が触れます!エッ!?いいのか!?お前!?って思ったけど、部屋の紹介文に『触って欲しい』って書いてあったから、遠慮なく触るぞ!持ってみると、クソ重い。これ間違って落としたら、足の指骨折しそう(は?)。 それくらい重いんですよ!!一応頭も撫でて、アカデミー賞主演男優賞取るというのは、こういう重みなんだなと、また感涙に浸る。感涙に浸りすぎでは?

二宮くんの部屋を出ると、順路に沿って進み、待機列に並ぶ。と横の壁には展覧会のビジュアルが。ちょうど二宮くんの目の前で、あの顔が凄く好きなので、ずっと見ていました。左の壁にはなにか飾られていましたが、ちょっと分からなかった汗

次の部屋で映像を見ると言うことで、中に入る。段差がなだらかにあって、バッテンのところには座るなと。適当な位置に腰掛ける。

A・RA・SHIのピアノアレンジと共に、99年からのライブを振り返っていく。もうここで涙腺がやばい。Timeの虹弾いてる二宮くんがでかい画面に映った時は、ウッ……って死にそうになった。

2010年に入っていくと、あ〜自分も行ったよな〜という思い出が込み上げてくる。そして、最後には『and more to come』の文字が……。英語全く分からないので、後から調べるべと思ったのですが、moreとcomeがあるから、もっと来い!みたいな事なのかなと自己解釈。おう、着いていくぞ!どこまでもな!!と思いながら部屋を出ると、嵐さんの直筆メッセージが。私はメモをカキカキしました。ここはご自身の目で、是非見てください。

そして、展覧会は終わりです。多分1時間弱だったかなぁ。時計みてないから正確な時間はかけません。すみません。

その後は、場所を変えてグッズとフォトスポットです!車でイービーンズ付近に来ると、適当な駐車場に停めます。ここら辺はたくさん駐車場があるので、困らないかとは思いますが……。

イービーンズのある階まで行くと、またQRコードとパンフレットに付いていた、グッズ引換券を見せます。その後、タブレットを持たされて、部屋に入ると……、タブレットに嵐が出現!!しかもメッセージと日付も智の手書きで書いてあって、ええ〜こんなにいいのか!?サービスすごい!で、タブレットを持ちながらぐるぐる回ると、360度嵐を見ることが出来ます。ただ時間が1分なので、ペース配分は気をつけて。

タブレット回収後、フォトスポットです。嵐が写ってるやつと、5×20のロゴのやつの二つ。

も〜暑くて、前髪崩れていたんですけど仕方ないなと思いながら。荷物置く場所もあります。スタッフさんが、2枚撮ってくれます。あまり考える時間もないので、事前に考えていくことをおすすめします……。私は5×20のスポットで、ペンライトを持って撮りました笑

あとはジオラマ。これも撮影OKです。その後はスマホ出すのは厳禁。グッズ会場は嵐の歌が流れていて、並んでいても苦ではなかったです。注意事項を確認して、カゴを持って買い物スタート!いつものライブグッズの時とは違い、自分で手に持って買い物出来るのがいいですね。二宮くんもウィンドウショッピングして欲しい?的なことラジオで言ってたし。会計はブースが7,8くらいあるので、割とスムーズに行きました。レシートがくそ長い笑

美術館でて、イービーンズで買い終わるまで約2時間ですかね。ただ、私はアニメイトに寄って、買い物しているのでその分も含まれていますが。

 

いや〜、楽しかったです!

1500円で、こんなに見れていいのか!? もっと金とってもいいんだぞ!?と心配になるくらいには、サービス精神旺盛で、やっぱり嵐なんだなぁと思いました。私は、2009年からファンになったので、20年の10年はファンなんですが、それだけでも色々な思い出だったり込み上げてきて、グッと心に響きましたね。私の10年も色々あったけれど、今生きていて良かったなって、そう思います。やっぱり生きがい、救世主なんだなって笑 嵐本人がいなくとも、こんなに楽しくさせてくれる、嵐は本当に天才!素敵な展示をありがとう!

以上、雑なレポートでした。


f:id:NF1339:20200702164823j:image


f:id:NF1339:20200702164840j:image

いっそ強く焼き付けてFlash back

二宮くん、37歳の誕生日おめでとうございます。

二宮くんと出会った時って、27歳の時だったと思うんですけども、もうアラフォーに片足突っ込んでるんですね。(悪い意味では無いです)

去年は、貴方にとても振り回された一年でした。札幌入りする前日に、結婚発表。その札幌初日に入って、どうなるんだろうと、私が二宮くん以上にドキドキしたものです。札幌から帰っても、夜になると泣き出したりして、すごく辛かった。昔、中学生の頃、『仮にニノか結婚しても担降りしないから笑』と友達に言っていた事がありますが、本当でしたね。結局私は、貴方が犯罪でも犯さない限り、一生好きでいるのだと強く思います。

6月18日は個人的には、思い入れのある日です。音楽の日の東北番協に当選して、初めて番協に参加しました。当時不登校だったのですが、自分を卑下ばかりしていた私を、あのライブで救ってくれたのは事実です。
そして、永遠に忘れられないのが、握手会。誕生日の次の日ではあったけれど、直接本人に『誕生日おめでとうございます』って言えたことは、もうこれ以上ない幸せでした。二宮くんは優しいから、こんなブスでも視線を合わせてくれて、両手で手を包んで、でも私がおめでとうと言ったら、強く握ってくれました。優しい目をして、気をつけて帰ってね。って言ってくれたのが、もう、ね。

去年の札幌もドキドキしながら、でもやっぱり歌って踊る二宮くんが好きだなぁって。運良くファンサ貰えて、私は貴方に何もしてあげられないのに、貴方は私に色んなものをくれてばかりだ。

今年はいろいろありますが、二宮くんが健康で幸せな生活を送れることを切に願っています。いつでも二宮くんが大好きです。また、国立で会えることを楽しみにしています。

滲む悔し涙のきらめき忘れないで

一応自分の中で踏ん切りが着いたので、ここに気持ちを記しておきたいと思います。

 

先日、ドリライが中止になったという公式からの通知があったことは、正直思い出したくもない。

この世情だし、無理だって分かってはいた。でも、テニプリなら、テニミュなら、そんな気持ちもあった。

テレビで渋谷が映る度、ドリライの広告が映る。越前が希望の星みたいに、一筋の光のように見えていた時期もあった。

でも、中止のお知らせ。公式の文章を読んで、震えが止まらなかった。

 

3rdの集大成ともいえる、ドリライ。私にとっても、唯一無二になるのだろうと確信していた。

ドリライ2014に入った時、あの時は推しもいず、現場というのも分からず、ほんと右も左も分からないままに入ったから、2ndの面々が卒業したというのは、認識しただけで、個人的な感情はなにもなかった。

でも、3rdのドリライ2020は違う。全国氷帝から、青学10代目と一緒にここまで来た。このブログで何度も言ってるけれど、青学10代目と一緒に、氷帝四天宝寺立海と戦っていた。10代目はどんどん成長していって、その成長を間近で見られるのが嬉しかった。私自身も、人として成長させてもらった。そして、初めて推しというものが出来た。嬉しかった。ツイッターをフォローして、リプライを送って、公演日が近くなれば手紙を書いて、プレゼントも選んで、こんなことをしたのは初めてだった。とても充実していた。

そんな推しや3rdのメンバーの卒業を、この目で、ぴあアリーナで見れるんだと。運良く、30日夜と大千秋楽のチケットが取れて、ああ、最後の最後まで見届けることが出来るんだな、って思ってた。手紙は何書こうとか、プレゼント何にしようとか、服も選んだ。

こんな形で、卒業の機会がなくなるなんて。仕方ないのは分かってる。分かってるけど、でも、卒業が見たかった。その日耐えきれず泣いた。

チケットを発券したらそこそこいい席だった。通路側。やり切れない。

車で音楽流してるとき、前編の頑張れ負けるな必ず勝てが流れてきた。

 

軋むテニスシューズの音を覚えていてね 弾んだテニスボールのラリーを覚えておいてね 

滲む悔し涙のきらめき忘れないで

決まった勝利のポーズ瞳に焼き付けておいてね

母が運転して隣に居たけど、泣いてしまった。みんなが元気に歌うのが辛かった。

 

私、おもうんですよ。どうして、後編で最前列取れたのか。憧れの全国立海で。たぶん、これがあるから、だったのかなって。なんか、そう思うんですよね、

 

どうか、3rdのメンバー卒業して欲しい。いつでもいい。この世の中が収まって平和になって、何歳でもいいから。いつでも待ってる。やっぱり私は卒業をみたい。

3rd全国立海お疲れ様でした

 3rd全国立海後編が幕を閉じて、3rdシーズン全公演が終わりました。キャスト、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

 

 3rdシーズンは私にとってかけがえのないものになりました。初期校から比嘉までは見ていないので、途中参加という形になってしまってはいるのですが、全国氷帝で魅了さてれから、四天宝寺、全国立海と通うことが出来て凄く良かったです。

 人ってどうなるか分からないなって思ったのが、全国氷帝です。あの時私は、あんスタのスタライに行く予定でしたが、どうしてもテニミュが見たくて、弾丸でTDCに行き、当たるかどうかも分からない当日券に並んで、補欠当選して、前楽を見ることが出来ました。これがなかったら、3rdシーズンも通り過ぎて、永遠に茶の間のままだったと思います。

 公演に通うことが楽しくて、凄く微力ではあるのですが、宮城公演だけは全通することが出来て、生で舞台を観劇するのが楽しかったです。公演を通して、劇場に一人で行ったり、知らない人と喋ったり、そういう出会いが会って、人としても成長出来たと思います。

青学10代目と共に駆け抜けて来ました。成長を間近で見れて、推しの成長を見れるって幸せなことだなって。10代目は私の中で唯一無二の存在です。そして、みんながかけることなく、続いたのが良かった。

 

なんか、にちかの声が掠れているような気もして、ちょっと頬も痩けて疲れてるだろうなって勝手に思っていたんですけど。

天衣無縫開いたあたりから涙が止まらなくて、推しの涙で決壊してしまいました。この時間がずっと続けばいいのにって……。みんなの涙にもらい泣きしてしまいました。

 

3rdシーズン、応援出来て良かったです。次は、ドリライ2020ですね。楽しみです。